日々感想。

映画・海外ドラマ・本などの感想(たまにネタばれ有)を綴っています。    ミステリ・ラノベ・BL・TL等ごちゃ混ぜなので、苦手な方はご注意ください。

『 ダンジョン飯 10 / 九井諒子 』 ハルタコミックス

【あらすじ】
食べた魔物は数知れず。
ついに迷宮の最下層、狂乱の魔術師・シスルの棲家にたどり着いたライオス一行。
彼らを待ち構えていたのは、迷宮最強のーーウサギ!?
ファリンを救うため、迷宮の主となることを決意したライオスはパーティーの全滅を回避し、シスルを倒すことができるのか。


ダンジョン飯 10巻 (HARTA COMIX)

ダンジョン飯 10巻 (HARTA COMIX)


【感想】
いつの間にやらもう10巻。
前半はいつものノリで魔物食とドタバタ劇。
フェニックスのコンフィと首刈りうさぎカレーが普通に美味しそうだった。
(未鑑定キノコに不安はあるが…)
ファリンがカレーを食べた瞬間に現れるうさぎダンスが好き。

迷宮のうさぎちゃんがめちゃめちゃ怖かったけど、マルシルと連動してザッザッて歩いたりズンズン避けてる姿は面白い。
座り込んで泣いてるのも可愛いが、マルシルにとっては笑い話じゃないのよね。
あと、私がイヅツミなら今回のアレはトラウマになって悪夢見ちゃうレベル(笑)。

帰宅後、積まれた日記を見て怒るシスルに首だけ有翼獅子が反論してるコマがいい。
勝手に動かさないでよ!っていうシスルの気持ちはよく分かるよ。
自分なりの法則とか、置き場の把握とかあるよね。
……ていうか、有翼獅子全然役に立たないじゃん!
やられるの早くてポカーンだよ!(笑)

ライオスたちの大ピンチでTo Be Continuedなので、11巻が待ち遠しい……。
今回も、迷宮入り口の騒動でさりげなく蹴り落としてる奴とか、シスルと対峙した時に一人頭をぶつけてるライオスとか、細かいところに笑いが隠れてるので読み返すのも楽しみ。

『 神達に拾われた男 6 / Roy 』 HJ NOVELS

【あらすじ】
冒険者ギルドのマスターに誘われて、新人冒険者向けの教習会に教官として参加中な転生者の少年・竜馬。
“毒虫の原”での野営教習も二日目に突入し、独特の手法で拠点を作ったり、食材の見分け方を教えたりと、丁寧な指導で周囲の注目を集めていた。
そんな中、生徒たちからの要望を受け、教官同士による模擬戦が決定!
そこで竜馬も弓を武器とした戦いの実演を任されることになるのだが―。
今回も新種のスライムや革命的な発見、そして竜馬自身も予想外のスキル獲得と色んな意味でレベルアップな異世界スローライフファンタジー、第六幕!


神達に拾われた男6 (HJ NOVELS)

神達に拾われた男6 (HJ NOVELS)

  • 作者:Roy
  • 発売日: 2019/03/22
  • メディア: Kindle


【感想】
ピッコマ。

冒険者ギルド主催の新人冒険者向け教習会に、教官として参加したリョウマ。
新人くんたちにとって彼の知識や経験談は参考になるだろうけど、活用・応用の仕方は規格外すぎてムリな気がする(笑)。
他者に対して興味が薄いリョウマが、樹海へ行く時に人間(獣人等含む)の仲間を連れていくのか、魔獣オンリーで固めるのか、どちらを選ぶのか興味がある。
まぁ、行くのはまだ先だろうけどね。

福利厚生の整った職場作りの次は、元犯罪者の雇用を考え始めたリョウマ。
作品としては、このままリョウマの日常を描いていくのかな~。
魔獣が増えてきた=魔王的な存在発生とかもあるんだろうか。
とりあえず、ピッコマでは次の巻まで無料で読めるので、それ以降は紙の本で追ってみようと思う。

『 転生乙女は恋なんかしない ~三角関係ご遠慮します!!~ / 小野上明夜 』 一迅社文庫アイリス

【あらすじ】
尊敬する上官に捨てられ、好きになった王子に振られ……前世で散々な目にあい、今世は静かに暮らすと決意した異能の少女フルール。
俺様上官の転生者・ナイトレイの「お前が欲しい」攻撃にもめげず、森にひきこもっていた彼女の前に現れたのは、前世からナイトレイに心酔していた美女・ライラックで――。
三角関係なんて望んでません!ご遠慮します!!
恋をしたくない異能少女と不器用な俺様上官の転生ラブファンタジー



【感想】
ヒーロー友人の領地で次々に植物が枯れていく現象が起こり、植物と意志疎通出来るヒロインが原因究明のため招かれる。
しかし、領地内の植物たちは何故かヒロインに何も語らず……。

シリーズ2作目。(たぶん完結巻)
前世と現在、2度も同じ人に失恋し、さらに自己卑下が進むヒロイン。
詫びのひとつでも入れてくるかと思った王子は、今回は出番がなかった。
あれか、婚約者とのイチャラブで忙しいのか。

植物の枯死については、まぁ犯人はあの人しかいないよね。
まさかあんな理由だとは思わなかったけど…。
どんだけ好きだったのよ。
前世のヒーロー、モテモテやね。

そんな愛されヒーロー(←違う)がヒロインと両想いになってイチャイチャ出来る日は……来るのか?
私はヒーローよりデメルの方が好きだな~。

それにしても、前世から記憶を引き継いで転生してくる人、多すぎでしょ。
前世では普通だった人までこれだけポコポコ転生してたら、そのうち世界中の人が転生者になるのでは……。

「80年前からあなたのそういうところが嫌だったのよ!」
「それを言うなら120年前、君だって!」

みたいに、時を越えてケンカする人とかいそう(笑)。 

『 転生乙女は恋なんかしない ~俺様王様間に合ってます!!~ / 小野上明夜 』 一迅社文庫アイリス

【あらすじ】
尊敬する上官に捨てられ、好きになった王子に振られ…前世で散々な目にあい、「もう恋は卒業」と、今生は気合を入れて森に引きこもっていた異能の少女、フルール。
そんな彼女の元にやってきたのは、かつての上官である俺様転生者・ナイトレイだった。
「ずっとお前を探していた」と、転生しても変わらぬ美貌で口説いてきたけれど、さらに、王子の転生者であるジェランド王子が、花嫁探しをしているという噂まで聞こえてきて―?



【感想】
異能を持つ者が『外れ』(環から外れしもの)と呼ばれ迫害されていた時代に死亡し、50年後の世界に転生した『外れ』のヒロイン。
恋した王子に振られ憧れの上官に殺された記憶を持つ彼女の前に、前世で自分を殺した上官の生まれ変わりが現れて……。

シリーズ1作目。
うーん。
元上官も元王子(今も王子か)も、どちらもイマイチ……。
特に王子、せめて森やヒロインを物理的に傷付けたお詫びくらいはしようよ。
2巻でごめんねするのかなぁ…。

味方すら使い捨ての道具として見ていた冷酷非道な元上官が、今世ではなんだか面白枠のツンデレさんになっていて、読んでいてなんとなく据わりが悪い。
プロローグのあの残忍な人が、なぜこんなヘタレ王になってしまったのだ。
いや、人に迷惑かけない分、今の方が何倍もいいけどさ。

いまの彼はヒロインへの好意を伝えようと奮闘してるけど、果たして前世の自分を殺した相手を愛せるものなのか…?
やっぱり絆されちゃうのかなぁ……。

『 転生令嬢は平和に暮らしたい!! ~虐げられる運命らしいので、脇役に徹していきます〜 / カヤ 』 ベリーズファンタジー

【あらすじ】
日本人の記憶をもつ少女・セーラは、慎ましく暮らしていたが、ある日突然継母と義理の姉ができて状況が一変。
これってまさかシンデレラの世界…ということはこのまま義姉たちに虐げられる残念な未来確定!?
地味で平穏な毎日をおくりたいのに、そんなの困ります!
ハードモードを回避しようと画策するも、義姉たちはなぜか優しくて…これってまさかのシスコン展開ですか!?



【感想】
幼い頃に母を亡くし、貿易商の父はほとんど家に帰らず……と思ったら、突然新しいお母様とお姉様を連れて帰ってきた!
これじゃまるで私がシンデレラみたい……って、シンデレラってなんだっけ。
あれ、前世??

……という感じで前世の記憶を思い出した14歳のヒロイン。
すでに自分の商会を立ち上げバリバリ仕事をしていて、もしも家を乗っ取られても自分は生きていけると言いきる強い子だった。
でも、強くなった訳を考えるとねぇ。
お金や愛情はあっても、会話や触れ合いがない父親はどうかと思うわ。
どんなにしっかりした子でもやっぱり寂しいもの。

人物紹介ページを見るとヒロインのお相手は王太子のように見えるが、作中の雰囲気的には世話役のセディの方がヒーローっぽい。
ていうか、セーラとセディ……小公女と小公子が浮かぶのは私だけ?(笑)

お父様が連れてきた3人(の中の2人)は、うじうじするばかりで最初はあまり好きになれなかったので、リューが活を入れてくれてスッキリした。
あの中ではやっぱりディーが1番かなぁ。
セーラに寄り添ってくれる唯一の女性だったから、いなくなると寂しくなりそう。

例のぼんやりポンコツ王子は、ホントに将来王様になっちゃうの?
他の2人の王子を見てると……ヤバさしか感じられない。。。

『 抗えない男 ~警視庁特殊能力係~ / 愁堂れな 』 集英社オレンジ文庫

【あらすじ】
一度見た人の顔を忘れない“特殊能力”を持つ麻生瞬は、その力を武器に配属された『特殊能力係』で見当たり捜査を行っている。
そんな瞬と上司の徳永のふたりきりだった『特能』の活躍が認められ、増員の知らせが舞い込んだ。
やってきたのは、驚異的な映像記憶能力を持つ関西弁男・大原海。
パリピなムードメーカーの大原をチームに迎え、新たな絆を深める特能だが、配属初日から目覚ましい成果を上げる大原に対し瞬は焦りを感じる。
そんな時、捜査中の大原が不穏な動きを見せ始めたのに気づいてしまい……?



【感想】
シリーズ4作目。
特殊能力係に3人目のメンバー参入!
新人加入に、ひっそり嬉しそうな徳永さんとちょっぴり複雑な心境の瞬くん。
今回はいつもとパターンが違ったこともあり、楽しく読むことが出来た。
瞬による捜査情報漏洩もそんなになかったし(笑)。

これからこのメンバーでやっていくんだな~と思っていたのであの結末は残念だったが、次に何かあれば皆を頼ってくれると信じたい。
そのうち、「リストに載ってた人っぽいのがいるんですけど……」って連絡が来て、2人で向こうに出張→再会とかもあるかもね。

64ページ目に高円寺の名前が『小池』になってる箇所あり。
小池さんとは直前で別れたばかりよ!

『 許せない男 ~警視庁特殊能力係~ / 愁堂れな 』 集英社オレンジ文庫

【あらすじ】
指名手配犯を記憶して探し出す「見当たり捜査」に携わる新人刑事の麻生瞬。
同じ捜査一課の小池が、何者かに襲撃され、重傷を負う事件が起こる。
立て続けに、瞬の直属の上司である徳永に爆弾の小包が届いた。
三年前までコンビを組んでいた徳永と小池に対し、逆恨みしている人物がいる…?
一度見た顔は絶対に忘れない瞬は、徳永の周囲にいるはずの犯人を探すことに!



【感想】
シリーズ3作目。
徳永係長の元相棒・小池刑事が襲撃され重傷を負い、徳永宛の爆発物入り小包が署に届く。
犯人はかつて2人が関わった事件の関係者なのか……?

2巻の感想で読メの皆さんに「大声がうるさい」と言われていた瞬くん。
今回は自重しようと頑張ってたけど……なかなか難しそう(笑)。
声のトーンもそうだけど、捜査情報を同居人にペラペラ喋るのもやめた方がいいと思うよ。
聞かれると断れないなら、同居解消した方がいいと思う…。

あの録音の声は、どうしても彼の犯行を止めたかったお姉さんの一人会話で……って展開が来るかと思ったけど、そこまでひねった話ではなかった模様。
ボコられた小池さんはとんだ災難だったな。。。