日々感想。

映画・海外ドラマ・本などの感想(たまにネタばれ有)を綴っています。    ミステリ・ラノベ・BL・TL等ごちゃ混ぜなので、苦手な方はご注意ください。

『 スパダリと結婚したら私のストーカーだった件 / 春宮ぱんだ 』 ぶんか社コミックス 蜜恋ティアラシリーズ

【あらすじ】
なぜかいつも男にフラれてしまうまひるは、ある日、近所に住んでいたいけすかない男・夕夜と再会する。
夕夜は大企業の御曹司でイケメン高身長といった典型的なハイスペック男。
いつも女の子たちに囲まれていた。
彼は昔、小学生のまひるに「俺のとりまきに入れてやる」などと言ってまひるを怒らせ、まひるとしては夕夜に悪印象しかなかった。
そんな夕夜だが、大人になって落ち着いた様子でまひる口説き、結婚へこぎつける。
しかし、初夜にとんでもないことが発覚して……!?



【感想】
彼氏にフラれた日に『運命的な再会』をした幼馴染に慰められ、彼と結婚したヒロイン×子どもの頃から14年間、ヒロインをストーカーし続けていたスパダリCEO。

本自体に巻数はふられていないが、この本は1巻目らしい。
思ってたよりストーカー具合はあっさりめ。
むしろ、クズ男共から彼女を守り続けてて守護霊(←?)のようだった。
ただ、ヒロインを見守ってはいても、一途に想ってる……ってのとも違ったようで、色んな女を抱いて遊んでいたのでその辺がちょっと微妙。

エロの数々は、シチュエーション的に男性向けっぽいものもアリ。
旦那、単なるコスプレマニアかと思ったら、半分くらいは実地(=ストーカー行為)で身に付けたものだったのね。
クズに殴られたりサンタさんに気付いてもらえなかったりと、よく考えると彼も不憫ではある……のかもしれない。

『 最強アルファと発情しない花嫁 / 中原一也 』 Splush文庫

【あらすじ】
オメガの五色はまだ人生で一度も発情期がきていない。
このまま一生自分は発情しないだろう。
そう思っていた矢先、軍人・黒瀬と出会い、初めての発情が起きてしまう。
黒瀬はオメガの発情を自由に操れる『Sアルファ』という特別な存在らしい。
発情してしまったのは黒瀬の特別な性質のせい…?
初めての体験に困惑する五色。
しかも、五色は軍の探していた『Sオメガ』であるという。
そのことを知った黒瀬はなぜか軍には報告せず、自らの屋敷で五色を匿う。
一緒に暮らすうちに互いに惹かれていく二人。
だが、五色のことが軍にバレて―!?


最強アルファと発情しない花嫁 (Splush文庫)

最強アルファと発情しない花嫁 (Splush文庫)


【感想】
Ωの発情を自由に操れるSアルファの軍人×発情期が来ないまま27歳になった漢方薬の調剤師Ω。

作家さん買い。
最初は攻の高慢な態度が好きになれなかったが、子どもへの愛情溢れる不器用さんと判明してからはそんな態度も楽しめた。
お風呂のシーン、「ゴシゴシ、ゴシゴシ」って攻も言うのね(笑)。
あと、受が無意識に巣作りしちゃうとこ可愛い。

途中、受が攻兄に強●され番にされてしまった時は、なんとかして攻が助けに入ると思っていたのでビックリした。
そうかー、ここでSアルファとSオメガ設定が生きるのかー。
そして、そうかー、受だけでなく攻もハジメテかー(笑)。

受ちゃん、一気に9人家族になって子育ては大変かもしれないけど、賑やかで温かい家庭になりそう。
生まれた赤ちゃんは、過保護なパパ&お兄ちゃんお姉ちゃんにめちゃめちゃ甘やかされそうだな~~。

『 かんちがい令嬢は転生先を間違える / さき 』 角川ビーンズ文庫

【あらすじ】
私は男爵令嬢のシルフィア。
拳で爵位を奪う格闘ゲームに転生して筋トレに励む日々。
だけど転入生・ミリーの名前を聞いて気付いた。
ここが乙女ゲームの世界であったことに!
だからライオネル様は私と対戦しようとしなかったのね…。
でもおかげで筋トレ三昧、恋愛経験はゼロ。
ついに見かねた母親からは強制婚約を言い渡されて!?
「ならば、令嬢力を鍛え、母を納得させてみなさい!」
WEB発・爽快転生ラブコメが幕を開ける!



【感想】
格闘ゲームの世界に転生したヒロイン。
爵位を拳で勝ち取る貴族ロワイヤルに備え10年間身体を鍛えてきたが、ある日気付いてしまった。
ここは格ゲー世界ではなく乙女ゲームの世界であると……。

作家さん買い。
見事に割れたガッチガチの腹筋を身につけたヒロイン。
攻撃力は高くても令嬢力(乙女力?)は底辺という残念女子に育つが、最後はちょびっと令嬢力が芽生えたんじゃ……ないかなぁ。
この作家さんは会話のテンポがいいんだよね。
彼女とピギー様との熱い(?)攻防が見ていて楽しい。

なかなか報われないが、それでもめげずに付き纏い……ではなく寄り添って力になる牽制力高めなヒーローはいい奴だった。
でも、ピギー様にエサを与えちゃダメよ!(笑)

これだけ転生者が転がってる世界なら、まだまだ他にもこっちに生まれ変わった人がいそうだよな~。
ヒロインの婚約者候補のじーさんとか、もしかしたら異世界旅行を楽しんで旅三昧なのでは……?と勘繰りながら読んでしまった(笑)。

『 竜騎士は最愛を捧げる / 佐竹笙 』 角川ルビー文庫

【あらすじ】
竜を惹きつける匂いを持つために「竜殺し」と呼ばれる一族に生まれたリクは、病に倒れた母親を助けるために「竜狩り」に加担する。
だが竜の傷つく姿を目の当たりにし罪悪感にかられたリクは、竜の国に助けを呼びに行くことを決め、そこで騎士団隊長のアルヴィンに出会う。
母を看取れなかった後悔や孤独感から涙が溢れるリクを「自分を否定して、傷ついて泣くな」とアルヴィンは優しく受け止めてくれるが、アルヴィンに自身の出自を告白できないまま故郷に戻ることになり…?


竜騎士は最愛を捧げる (角川ルビー文庫)

竜騎士は最愛を捧げる (角川ルビー文庫)

  • 作者:佐竹 笙
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2020/02/01
  • メディア: 文庫


【感想】
竜の住む国で最強の騎士団隊長×竜を惑わす香りを放つ青年。

母親の病を治したい一心で、『竜狩り』に手を貸してしまった受。
しかしその事を後悔した受は、囚われた竜を助けてもらうために竜の住む国を訪れて……。

スパダリ攻かと思いきや、受の言動に翻弄されて赤面したりアレがソレしたり、うっかり暴言を吐いたらブーメランとなって返ってきたりとなかなか残念な隊長さんでした。
ていうか、読友さんも書いてたけど、全裸で闊歩&魚類な受精に全部持っていかれましたわ……(笑)。
お気に入りの竜をべた褒めする受に、照れて顔を隠してる攻の挿し絵が可愛かった。

自分の足で立つことを知っている外から来たユニノの民は街でも暮らせるだろうけど、壁の外を知らずに生まれて育った人たちも自由に住む場所や伴侶を選べるようになるといいよね。
どんなに言葉を飾っても、壁で囲いユニノの民を養殖して自分たちの繁殖の道具にしてる事実は変わらないので、これを機に竜側の意識改革も進めて欲しいと思う。

『 ティアムーン帝国物語 ~断頭台から始まる、姫の転生逆転ストーリー~ / 餅月望 』TOブックス

【あらすじ】
崩壊したティアムーン帝国で、わがまま姫と蔑まれた皇女ミーアは処刑された。
―はずが、目覚めた彼女は12歳に逆戻り??
第二の人生でギロチンを回避するため、前世の日記帳を手に帝政の建て直しを決意する。
手始めに忠義に厚い下っ端メイドと、左遷されたが優秀な文官を味方につけ、失敗した過去をやり直す日々が始まった。
だが、ミーアの本音は「我が身の安全第一」。
仇敵を遠ざけ、人脈作りに励むうちに、なぜか周囲の忖度で次々と奇跡が実現!
やがて、身勝手なはずの行動は大陸全土の未来を大きく変えていくのだった…。
保身上等! 自己中最強!
小心者の元(?)ポンコツ姫が、前世の記憶を武器に運命に抗う、一世一代の歴史改変ファンタジー
一万字超の書き下ろし新章&巻末おまけ「ミーアの日記帳」収録!



【感想】
財政難や疫病などで国が傾き、革命を起こした民衆らに断頭台へ送られた20歳の皇女。
首がゴロンと落ちた瞬間、何故か12歳の自分に戻っていて……。

読友さんのレビュー買い。
帝国唯一の皇女ということでワガママ放題だった主人公が、やり直し人生では“生存”を第1目標にしてそれなりに頑張っていた。
基本、自分ファーストで保身に走るチキンハート皇女なのに、周囲の誤解と思い込みと深読みと忖度により、『慈悲深き帝国の叡智』などという御大層な幻想が出来上がっていくのが楽しい。
このままシオンよりもアベルと仲良くして、彼を婿にとって欲しい(笑)。

それにしても、確かに以前の皇女は善良な人間ではなかったけれど、ギロチンにかけられるほどの悪人でもないんだよなぁ。
国内か国外かは分からんが、誰かの思惑で殺された可能性もありそう?
そもそも国を統べるべき皇帝が今も前世(?)も何やってるのか謎。
まだ生きてる……よね?

『 王さまに憑かれてしまいました〈3〉 / 風見くのえ 』 レジーナ文庫

【あらすじ】
ひょんなことから故国王の幽霊に取り憑かれてしまったコーネリア。
王さまのおかしな助言を聞きつつ、なりゆきで王宮メイドとして働いていたのだけれど…今度は、王家主催の舞踏会に誘われてしまった!!
おまけに曲者揃いのイケメン達はコーネリアへの想いを募らせているらしく、相も変わらず彼らに囲まれる日々が続く。
そんな中、迎えた舞踏会当日、国を揺るがす(?)思いもよらない大騒動が起こってしまい―!?
文庫だけの書き下ろし番外編も収録!



【感想】
完結巻。
陰謀も恋愛も納まるところにおさまりめでたしめでたし。
……まぁ、領主様とイザークは可哀想だったが………。
ショックでまた脱毛症になりませぬよう(´・ω・`)

ヒロインとヒーローのラブラブな関係よりも、ヒロインと元王様との信頼関係の方が印象に残り、彼が●●したときはとてもとても悲しかったよ。
まぁね、直後にあぁなったんだけどね。
それならそうと一言言っといてくれ(笑)。

“氷の王太子”なんて呼ばれ方をしていたのが嘘のように、ヒロインを溺愛し独占欲丸出しで囲い混むヒーロー。
彼はイザークを牽制しに行ったんだろーか。
そして自分の息子にも日々牽制してるんだろか……(笑)。

いつの日かヒーロー&ヒロインが天に召されたとして、この執着ヒーローなら生まれ変わったヒロインの隣家の幼馴染かなんかに生まれ変わって、着々と囲い込んでいきそうだ。

『 ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん 1 / 逆木ルミヲ 』 B's-LOG COMICS

【あらすじ】
王太子であるジークに突然聞こえた2人の神の声…。
それはジークの婚約者であるリーゼロッテが【ツンデレ】で、このままだと【破滅】を迎えるという衝撃的な内容だった!
彼女の普段の言動はすべて照れ隠し!?
神が解説する彼女の本心はとても可愛く、ただただ一人悶えるジーク。
その2人の神の正体は、ゲームの実況をするただの高校生だった!!
神からの「実況」と「解説」という『神託』を頼りに婚約者のリーゼロッテを救えるのか!
本音がだだ漏れている超絶可愛い「悪役令嬢」リーゼロッテのバッドエンドを回避せよ!
乙女ゲーム」を通して異世界と現実世界を結ぶ、新たな悪役令嬢ストーリーここに開幕!



【感想】
乙女ゲームの悪役令嬢・リーゼロッテの死亡ルートを回避し彼女を幸せに導くため、婚約者である王太子ツンデレリゼたんの可愛らしさを布教する話(←?)。

小説版(完結済)既読。
大好きな作品なので漫画版も読んでみた。

漫画でもやっぱりリゼたんは可愛い。
ツンが強めで誤解されやすいが、実況の遠藤くんと解説の小林さんという二柱の神(笑)の声により、婚約者である王太子には心の内が筒抜け。
大好きな人に翻弄されてふるふるしてるリゼたんも可愛いが、そんな婚約者が可愛くてぷるぷるしてる王太子も可愛かった(笑)。

殴りヒーラー・フィーネちゃんの逞しさや、遠藤くん&小林さんパートもちゃんと描かれていて、私としては満足な1巻でした。
2巻、早く出ないかな~~。

書き下ろし漫画の乳母さんがめっちゃ癒しキャラ……。(ほろり)