日々感想。

映画・海外ドラマ・本などの感想(たまにネタばれ有)を綴っています。    ミステリ・ラノベ・BL・TL等ごちゃ混ぜなので、苦手な方はご注意ください。

『 リベンジ / 柴田哲孝 』 双葉文庫

【あらすじ】
三年前、脱獄して妻殺しの無罪を証明した笠原武大と萌子の父娘が何者かに襲われた。
父は囚われの身となるが、娘は辛くも逃げ延びバイクで南を目指す。
一方、警察庁公安課サクラの田臥と室井は、父娘失踪の報を聞き、日本神道連議会の板倉勘司の関与を疑い、捜査に乗り出す。
背後には北朝鮮工作員の不穏な動きが―。
IQ172の天才女子高生が原発利権に群がる悪党をぶっ倒す。
大好評のシリーズ第3弾!


リベンジ (双葉文庫)

リベンジ (双葉文庫)


【感想】
シリーズ3作目。
今回の主人公は『デッドエンド』で誘拐されていた笠原の娘・萌子。
もう高校生ですって!
あの時とは逆で、父親が拉致され娘があとを追う展開。
もちろん、公安の田臥&室井コンビも登場。
このコンビ、やっぱり好きだな~。

1作目の悪役や、2作目で殺された人物の身内からの“リベンジ”が根っこにあるので、前作と前々作を読んでおいた方が楽しめる内容。
バイクでの逃走、手助けしてくれる人々との出逢い、敵の追跡と攻撃…などなど。
緩急があって、最後まで飽きずに読めた。
萌子ちゃん、将来はお寺にお嫁に行くのかしら??


 ↓ 1作目『デッドエンド』

デッドエンド (双葉文庫)

デッドエンド (双葉文庫)

 ↓ 2作目『クラッシュマン』

クラッシュマン (双葉文庫)

クラッシュマン (双葉文庫)

『 悪役令嬢の中の人 / まきぶろ 』 一迅社ノベルス

【あらすじ】
乙女ゲームの悪役令嬢に転生したエミは、ヒロインの《星の乙女》に陥れられ、婚約破棄と同時に《星の乙女》の命を狙ったと断罪された。
婚約者とも幼馴染みとも義弟とも信頼関係を築けたと思っていたのに……。
ショックでエミは意識を失い、代わりに中からずっとエミを見守っていた本来の悪役令嬢レミリアが目覚める。
わたくしはお前達を許さない。
レミリアはエミを貶めた者達への復讐を誓い――!?
苛烈で華麗な悪役令嬢の復讐劇開幕!!


悪役令嬢の中の人 (一迅社ノベルス)

悪役令嬢の中の人 (一迅社ノベルス)

  • 作者:まきぶろ
  • 発売日: 2021/02/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


【感想】
日本で亡くなり、気づくと乙女ゲームの悪役令嬢になっていたエミ。
大好きだったレミリアが幸せになれるようにと努力を重ねてきたが、11年後に現れたゲームヒロインに陥れられ絶望し……意識を失うと同時に、本来の悪役令嬢レミリアが目覚める。
レミリアは、愛するエミを貶めたゲームヒロインや攻略対象たちに復讐を誓い……。

悪役令嬢による復讐もの。
本編は本の半分ほどで、後半は番外編がいくつか。
復讐の土台を整えていく中、『エミならどうするか』を常に意識して優しく清らかなレミリアとして言動に気を配っているので、第3者から見ると彼女はまるで聖女。
悪役思考と聖女と崇められる行動との対比が面白かった。
本当の目的や事情は側近にも将来の伴侶にも明かさないが、彼女の中にはエミが眠っているから孤独ではないし常に充足しているというのが新鮮だった。

ゲームヒロインには壮絶な末路、甘ったれな攻略対象たちにはそれなりの結末が用意され、ヒーロー(むしろチョロイン枠)はヒロインの手のひらでコロコロと……。
いや、ヒーローどんだけヘタレよ(笑)。
エミだけでなく、可哀想な本当の星の乙女にもこの先たくさん愛されて幸せになる未来が待っているようで良かった。
エミに対する愛が重いレミリアも幸せ、レミリアが大好きな魔王様も幸せでめでたしめでたし!(多分)なお話でした。


あ、もし2刷が出るようなら、60ページ最後の行でエミとレミリアが混ざって『レミ』になってるのを直しておいていただけると……。 

『 ホラー女優が天才子役に転生しました ~今度こそハリウッドを目指します!~ 2 /鉄箱 』 ガガガ文庫

【あらすじ】
貧乏育ちの苦労人ホラー女優の鶫(30歳。努力の甲斐あって演技力はピカイチ)が、自動車事故で即死。
転生した先は碧眼ハーフの超美少女つぐみ(5歳)で、ドのつくお金持ち令嬢だった!!
つぐみの両親はつぐみに「注入された」演技の才能をすぐさま見抜き、テレビドラマの子役オーディションへ飛び入り参加させる。
天使そのもののつぐみの身体を得た実力派ホラー女優鶫は、その奇跡に感謝し、誓った。
「今度こそハリウッドを目指します!」
3人の仲良し子役美少女、凛、珠里阿、美海とはぐくむ幼い友情。
行き違いから、深く落ち込んでしまったその親友を救うためにつぐみにできること、それは、度肝を抜く演技!
ドラマ、バラエティ、CMに演技無双する天才子役つぐみ(5歳)の進撃が止まらない!!



【感想】
楽しみに待っていた第2巻。

“悪役”に異常な拒否反応を示す早月さんと珠里阿親子の問題や、美海ちゃんの中に芽生えた嫉妬心などなど。
撮影や演技の話だけでなく、つぐみの周囲の人々の人間関係や心の問題を解決していく過程も面白かった。

娘のために芸能プロダクションを作っちゃうローウェル家……うーん、やっぱり金持ちは違うなぁ。
娘を溺愛する両親が、転生とは思わないまでも『2人』いることに気付いていて、それを受け入れた上で愛してくれていることに安心した。
ただ、意識が鶫(私)からつぐみ(わたし)主体に変わり、友だちとの日々を楽しんでいたのに……あの事件以降、また鶫に戻ってしまったのが残念だし心配でもある。
まぁその辺は、今後の凜ちゃんたちの頑張りに期待かな。

鶫が前世で一緒に仕事をした人々が、今現在かなり狂信的な鶫信者になってるのがなー。
うっかりつぐみ=鶫だと知られたら大変なことになりそう。
鶫なら空だって飛べると信じてる彼女もアレだが、ラストの彼は…ヤバイね……。

『 ダンジョン飯 10 / 九井諒子 』 ハルタコミックス

【あらすじ】
食べた魔物は数知れず。
ついに迷宮の最下層、狂乱の魔術師・シスルの棲家にたどり着いたライオス一行。
彼らを待ち構えていたのは、迷宮最強のーーウサギ!?
ファリンを救うため、迷宮の主となることを決意したライオスはパーティーの全滅を回避し、シスルを倒すことができるのか。


ダンジョン飯 10巻 (HARTA COMIX)

ダンジョン飯 10巻 (HARTA COMIX)


【感想】
いつの間にやらもう10巻。
前半はいつものノリで魔物食とドタバタ劇。
フェニックスのコンフィと首刈りうさぎカレーが普通に美味しそうだった。
(未鑑定キノコに不安はあるが…)
ファリンがカレーを食べた瞬間に現れるうさぎダンスが好き。

迷宮のうさぎちゃんがめちゃめちゃ怖かったけど、マルシルと連動してザッザッて歩いたりズンズン避けてる姿は面白い。
座り込んで泣いてるのも可愛いが、マルシルにとっては笑い話じゃないのよね。
あと、私がイヅツミなら今回のアレはトラウマになって悪夢見ちゃうレベル(笑)。

帰宅後、積まれた日記を見て怒るシスルに首だけ有翼獅子が反論してるコマがいい。
勝手に動かさないでよ!っていうシスルの気持ちはよく分かるよ。
自分なりの法則とか、置き場の把握とかあるよね。
……ていうか、有翼獅子全然役に立たないじゃん!
やられるの早くてポカーンだよ!(笑)

ライオスたちの大ピンチでTo Be Continuedなので、11巻が待ち遠しい……。
今回も、迷宮入り口の騒動でさりげなく蹴り落としてる奴とか、シスルと対峙した時に一人頭をぶつけてるライオスとか、細かいところに笑いが隠れてるので読み返すのも楽しみ。

『 神達に拾われた男 6 / Roy 』 HJ NOVELS

【あらすじ】
冒険者ギルドのマスターに誘われて、新人冒険者向けの教習会に教官として参加中な転生者の少年・竜馬。
“毒虫の原”での野営教習も二日目に突入し、独特の手法で拠点を作ったり、食材の見分け方を教えたりと、丁寧な指導で周囲の注目を集めていた。
そんな中、生徒たちからの要望を受け、教官同士による模擬戦が決定!
そこで竜馬も弓を武器とした戦いの実演を任されることになるのだが―。
今回も新種のスライムや革命的な発見、そして竜馬自身も予想外のスキル獲得と色んな意味でレベルアップな異世界スローライフファンタジー、第六幕!


神達に拾われた男6 (HJ NOVELS)

神達に拾われた男6 (HJ NOVELS)

  • 作者:Roy
  • 発売日: 2019/03/22
  • メディア: Kindle


【感想】
ピッコマ。

冒険者ギルド主催の新人冒険者向け教習会に、教官として参加したリョウマ。
新人くんたちにとって彼の知識や経験談は参考になるだろうけど、活用・応用の仕方は規格外すぎてムリな気がする(笑)。
他者に対して興味が薄いリョウマが、樹海へ行く時に人間(獣人等含む)の仲間を連れていくのか、魔獣オンリーで固めるのか、どちらを選ぶのか興味がある。
まぁ、行くのはまだ先だろうけどね。

福利厚生の整った職場作りの次は、元犯罪者の雇用を考え始めたリョウマ。
作品としては、このままリョウマの日常を描いていくのかな~。
魔獣が増えてきた=魔王的な存在発生とかもあるんだろうか。
とりあえず、ピッコマでは次の巻まで無料で読めるので、それ以降は紙の本で追ってみようと思う。

『 転生乙女は恋なんかしない ~三角関係ご遠慮します!!~ / 小野上明夜 』 一迅社文庫アイリス

【あらすじ】
尊敬する上官に捨てられ、好きになった王子に振られ……前世で散々な目にあい、今世は静かに暮らすと決意した異能の少女フルール。
俺様上官の転生者・ナイトレイの「お前が欲しい」攻撃にもめげず、森にひきこもっていた彼女の前に現れたのは、前世からナイトレイに心酔していた美女・ライラックで――。
三角関係なんて望んでません!ご遠慮します!!
恋をしたくない異能少女と不器用な俺様上官の転生ラブファンタジー



【感想】
ヒーロー友人の領地で次々に植物が枯れていく現象が起こり、植物と意志疎通出来るヒロインが原因究明のため招かれる。
しかし、領地内の植物たちは何故かヒロインに何も語らず……。

シリーズ2作目。(たぶん完結巻)
前世と現在、2度も同じ人に失恋し、さらに自己卑下が進むヒロイン。
詫びのひとつでも入れてくるかと思った王子は、今回は出番がなかった。
あれか、婚約者とのイチャラブで忙しいのか。

植物の枯死については、まぁ犯人はあの人しかいないよね。
まさかあんな理由だとは思わなかったけど…。
どんだけ好きだったのよ。
前世のヒーロー、モテモテやね。

そんな愛されヒーロー(←違う)がヒロインと両想いになってイチャイチャ出来る日は……来るのか?
私はヒーローよりデメルの方が好きだな~。

それにしても、前世から記憶を引き継いで転生してくる人、多すぎでしょ。
前世では普通だった人までこれだけポコポコ転生してたら、そのうち世界中の人が転生者になるのでは……。

「80年前からあなたのそういうところが嫌だったのよ!」
「それを言うなら120年前、君だって!」

みたいに、時を越えてケンカする人とかいそう(笑)。 

『 転生乙女は恋なんかしない ~俺様王様間に合ってます!!~ / 小野上明夜 』 一迅社文庫アイリス

【あらすじ】
尊敬する上官に捨てられ、好きになった王子に振られ…前世で散々な目にあい、「もう恋は卒業」と、今生は気合を入れて森に引きこもっていた異能の少女、フルール。
そんな彼女の元にやってきたのは、かつての上官である俺様転生者・ナイトレイだった。
「ずっとお前を探していた」と、転生しても変わらぬ美貌で口説いてきたけれど、さらに、王子の転生者であるジェランド王子が、花嫁探しをしているという噂まで聞こえてきて―?



【感想】
異能を持つ者が『外れ』(環から外れしもの)と呼ばれ迫害されていた時代に死亡し、50年後の世界に転生した『外れ』のヒロイン。
恋した王子に振られ憧れの上官に殺された記憶を持つ彼女の前に、前世で自分を殺した上官の生まれ変わりが現れて……。

シリーズ1作目。
うーん。
元上官も元王子(今も王子か)も、どちらもイマイチ……。
特に王子、せめて森やヒロインを物理的に傷付けたお詫びくらいはしようよ。
2巻でごめんねするのかなぁ…。

味方すら使い捨ての道具として見ていた冷酷非道な元上官が、今世ではなんだか面白枠のツンデレさんになっていて、読んでいてなんとなく据わりが悪い。
プロローグのあの残忍な人が、なぜこんなヘタレ王になってしまったのだ。
いや、人に迷惑かけない分、今の方が何倍もいいけどさ。

いまの彼はヒロインへの好意を伝えようと奮闘してるけど、果たして前世の自分を殺した相手を愛せるものなのか…?
やっぱり絆されちゃうのかなぁ……。