日々感想。

映画・海外ドラマ・本などの感想(たまにネタばれ有)を綴っています。    ミステリ・ラノベ・BL・TL等ごちゃ混ぜなので、苦手な方はご注意ください。

『 敵国の王に求愛されています / 佐倉温 』 角川ルビー文庫

【あらすじ】
飢餓に苦しむ国のために冷徹な王を演じるノアは、『煉獄の王』リアムに戦いを挑む。
だが、一触即発の戦場に魔女が現れ、二人は「愛し合わなければ出られない島」に閉じ込められてしまった!
共に生活を始めた二人だったが、傲慢に見えたリアムの国を想う気持ちや身を挺して自分を助ける姿に、ノアの仮面が外れてしまう。
リアムもまたノアの純粋さに、王としての立場を忘れそうになっていた。
だが、解放される気配のない状況に「今からノアを抱く」とリアムがノアを押し倒し!?


敵国の王に求愛されています (角川ルビー文庫)

敵国の王に求愛されています (角川ルビー文庫)


【感想】
暖かく肥沃な大地をもつ南の国の王×雪と氷に閉ざされた北の国の王。

雑草すら生えない氷の国で、民を餓死から救うため各国に戦争を仕掛け食料を手に入れてきた受。
攻の国に攻め入ろうとした瞬間、突如現れた魔女に「島から出たければ愛し合え」と攻もろとも謎の空間に放り込まれてしまう。

いざ殺し合い!と剣が交わる瞬間に乱入し「愛し合え」とムチャぶりする魔女に笑った。
君はどこの腐女子かね。

攻は『煉獄の王』、受は『氷結の王』と大層な二つ名が付いているが、攻は受にギャップ萌えしてヘタレてくるし、受はうさぎさんが食べられちゃったり人質ならぬうさぎさん質にならないかを心配してるしで、殺伐感ゼロだった(笑)。
受がただ意地を張ってツンツンしているのではなく、愛する国民のために個人(自分)の気持ちを封じようともがいているところも良かったな。

攻の過去の女性遍歴を受にばらすじいやには少々モヤッたが、受の嫉妬も含めてまるっと包み込んでくれそうな攻なので、きっと末長く幸せに暮らすことでしょう。
なんか、両国民公認カップルみたいになってるしね(笑)。

『 結婚したらお隣のα若様が旦那様でした / 水瀬結月 』 角川ルビー文庫

【あらすじ】
α一族の後継者として育った律は、17歳の時にヒートが起こりΩであることが発覚。
以来「Ωの姫」として和平のため敵対関係にあった獣人のαに嫁ぐことが決まり、花嫁修業に励む。
だが結婚式当日に現れたのはお隣の大狼家の若様・亜威だった。
律がもふもふに弱いことを知る亜威は「しっぽとミミからでいい。俺を好きになってくれ」と請うが、律は想いを素直に伝えられない。
更に自身が亜威の『運命の番』でないことが追い打ちをかける。
だが嫁いでから初めて律にヒートが訪れ…?


結婚したらお隣のα若様が旦那様でした (角川ルビー文庫)

結婚したらお隣のα若様が旦那様でした (角川ルビー文庫)


【感想】
お隣に住む獣人αの若様×素直になれない人間Ωのお嫁様。

幼なじみの両片思いもの、ゆるふわオメガバース
α一族の後継者となるはずが、高2の時にヒートが起こりΩと判明した受。
それから10年後、獣人と人間との和平の象徴として、誰とも知れぬ獣人αの元に嫁にいくことになり……。

しっぽや毛並みをもふもふ愛でる話はいくつも読んだが、ここまでもっふもっふしてる話は初めてかも。
ともすれば攻本体より尻尾の方が愛でられてて、本体が少々不憫だった(笑)。

攻は一途で頑張り屋でちょっとヘタレなとってもイイオトコ。
受が意地っ張りな分、まっすぐな攻の愛情が良かったわ~。
あ、普段の受はツンツンしてるけど、巣作り中の好き好きモードは可愛かった!
その他、羊の彼らがいい味出してて見てて楽しかったな。
羊沢医師がよく喋るタイプだから、お相手は普段は寡黙で、でも羊沢医師が何かで傷ついてそれを隠して明るく振る舞ってると、すぐに気づいて癒してくれる人だといいな~等々、妄想してしまったわ(笑)。

『 転生先が少女漫画の白豚令嬢だった 3 / 桜あげは 』 ビーズログ文庫

【あらすじ】
少女漫画の白豚令嬢に転生しながら、再びダイエットに成功し堅実に暮らすブリトニー。
しかし社交界デビューの場で、自身を処刑に導く諸悪の根源ヒロイン・メリル(超美少女)と遭遇!
彼女と距離を置こうとするも、リカルドと親しくする様子を見てモヤモヤが止まらない。
そんな折、リュゼから突然「僕と婚約してみないかい?」とプロポーズされて!?


転生先が少女漫画の白豚令嬢だった 3 (ビーズログ文庫)

転生先が少女漫画の白豚令嬢だった 3 (ビーズログ文庫)


【感想】
前世で読んだ少女漫画の白豚令嬢(処刑END)に転生した主人公。
3巻スタート時は45kgだった体重は、ぽっちゃり好きな王太子の陰謀(笑)によりあっという間に最大値65kgに……。

相変わらず体重の振れ幅が大きい。
そして痩せても太っても揺るがないリカルドの愛がステキ(笑)。
相思相愛のリカルドとの再婚約を目指すも、リュゼだけでなく王太子殿下まで参戦してきてハラハラしたわ~。
最後はリカルドの誠実さに救われたね。

日本からのもう1人の転生者が南の国にいて、北の国の王子が不穏な雰囲気ってことは……もしかして各国に1人ずつ転生者がいるのかな。
それか、ルーカスの本命もアンジェラで王位につけたいとか?

悪意のないウザさで人をイライラさせる物語のヒロイン・メリルも登場し、次巻はいよいよ漫画でブリトニーが処刑された17歳の春に突入。
先が気になるけどweb版からの書籍化を待とう。

『 勘違いからマリアージュ / 雪兎ざっく 』 エタニティ文庫

【あらすじ】
憧れていた上司に、寿退社すると誤解された天音。
本当の理由は全然違うのに、訂正できないまま退社日を迎えてしまう…。
送別会でヤケ酒を呑んで記憶を失くし、翌朝目覚めると、なんとそこは彼のベッドの中!?
慌てる天音に、彼は「俺が守ってやる。好きでもない相手と結婚する必要なんかない」と、愛の告白のような台詞を囁いて―!?
勘違いをきっかけに本物の愛が生まれる、逆転サヨナラ・ハッピーエンドストーリー。
文庫だけの書き下ろし番外編も収録!


勘違いからマリアージュ (エタニティ文庫)

勘違いからマリアージュ (エタニティ文庫)


【感想】
同僚や、密かに想いを寄せていた上司に寿退社すると誤解されてしまった派遣ヒロイン×ヒロインが望まぬ結婚をすると誤解し、自分と結婚しろと迫る上司ヒーロー。

前半、早とちり選手権があったらキングとクイーンになれそうな勢いで勘違いして突っ走る2人。
待って!落ち着いてっ!!(笑)

このヒロイン、普段はちょっと苦手なタイプの子なんだけど、このお話だとなんだか可愛く思えて、アワアワふにゃふにゃ言っててもあまり気にならなかったわ。
鈍感力MAXの恋人(奥さん)で苦労するだろうけど、頑張れヒーロー氏!

『 ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん / 恵ノ島すず 』 カドカワBOOKS

【あらすじ】
王太子であるジークは突然聞こえた神の声に困惑した。
神曰くジークの婚約者・リーゼロッテは“ツンデレ”で、“破滅”を迎える“シナリオ”らしい…?
彼女のキツめの言動は、全て照れ隠し!?
神が解説する彼女の本心が可愛くて一人悶えるジークは、知る由もなかった。
実は神の正体が、ゲームを実況をするただの高校生だと…。
神託(※ゲーム実況です)を頼りに婚約者を救え!
隠したい本音がダダ洩れな悪役令嬢、バッドエンド回避なるか!?



【感想】
キツイ言動の侯爵令嬢を婚約者にもつ王太子
ある日、突如天から響いた【神の声】により、自分の婚約者が素直になれない【ツンデレ】で、とてもとても可愛らしい女性だと知る。

読友さんのレビュー買い。
面白かった!
異界の神の声が解説するツンツンな態度の悪役令嬢(婚約者)の本心に、可愛すぎる!!と身悶えする王太子
彼の心の中の呟きやツッコミが面白い。
(たまに結構アバウトだよね/笑)

実は、異界の神=日本で乙女ゲームを実況している高校生だというのも新鮮だったし、ゲーム世界のキャラにも日本の2人にもそれぞれドラマが用意されているのも良い。
神様や謎の俳優さん、古の魔女と謎がいくつも残っているので、たぶん続く……よね?
早く続きが読みたい!!
俳優さんが探してるのが魔女…とかなのかなぁ……??

誰も死ぬことなく全員がハッピーエンドを迎えられるよう、遠藤くんと小林さん、頑張ってください。
あと、遠藤くんの恋も実りますように( -人-)

『 アンダーエール! / 砂原 糖子 』 キャラ文庫

【あらすじ】
百九十センチから見下ろす威圧感で、強面な剣道部のエース―。
そんな親友・桝木の部活を、毎日放課後に見学していた折川
表情筋に乏しく不愛想な親友の良さがわかるのは俺だけだ…。
ところがある日、桝木が学校一の美少女と付き合い始めて!?
「おまえが見てないと集中できない」
無自覚に煽られても、応援するふりで熱く見つめることしかできない―決壊寸前の、甘く切ない青春エール


アンダーエール! (キャラ文庫)

アンダーエール! (キャラ文庫)


【感想】
強面で生真面目な剣道部員攻×攻への想いを秘めて友人として振る舞う超絶美形受。

高校生同士。
親友への想いを隠し、彼女作れよ~初デートはこの服で行けよ~と背中を押す受。
で、攻が実際女子とデートすると落ち込んじゃう。
片思いの時も両思いになってからも受が迷って拗らせてるので、そこを青春のもだもだと取るか拗らせてめんどくさいなーと取るかで評価が変わるんじゃないかな。

受には特に萌えなかったが、寡黙で裏表のない攻がいい男だった。
美沢さん、人を見る目があるね。
彼女にも莉子さんにもいいお相手が現れますように。

『 ヤンデレ王子の甘い誘惑 / 小日向江麻 』 エタニティ文庫

【あらすじ】
25歳の凪には、非凡な男友達がいる。
イケメンモデル兼俳優の、浅野理人だ。
ある日凪は彼に、次回の主演映画の役作りのために、期間限定で“妻のフリ”をしてほしいと頼まれる。
彼の助けになるならと、その提案を受け入れたのだけど―“リアリティの追求”を理由に、淫らに身体を奪われ、両親への挨拶まで!?
「こんなの“フリ”の範疇超えすぎでしょ!!」
ヤンデレ王子と平凡OLの、ねっとり危険なラブストーリー、文庫だけの書き下ろし番外編も収録!


ヤンデレ王子の甘い誘惑 (エタニティ文庫)

ヤンデレ王子の甘い誘惑 (エタニティ文庫)


【感想】
彼氏が出来てもすぐに振られてしまうヒロイン×大学時代からの親友で人気モデルのヒーロー。

うぅーん……ちょっとこのヒーローは私には合わなかった。
ヒロインを騙して結婚に持ち込むのはいいんだけど(←いいのか?)、あそこまでして人の恋路を邪魔しまくったくせに、彼女に告白するでもなくず~っとひたすら邪魔するだけってのがなぁ。
邪魔の内容がアレなだけに、私も友人らと一緒に引いてしまった(笑)。

芸能人相手の王道であるマネージャーの妨害や記者に追いかけられて……がなく、最初から事務所に歓迎されてるってのは珍しいかもね。