日々感想。

映画・海外ドラマ・本などの感想(たまにネタばれ有)を綴っています。    ミステリ・ラノベ・BL・TL等ごちゃ混ぜなので、苦手な方はご注意ください。

『 悪役令嬢の怠惰な溜め息 2 / 篠原皐月 』 電撃の新文芸

【あらすじ】
ついに乙女ゲームの主人公が学園に入学してきた!
「どこからでもかかって来なさい。運命だろうが、何だって叩き潰してやるわっ!」
破滅フラグ回避は誰にも邪魔させない――そう固く決意し、婚約破棄のチャンスを虎視耽々と狙っていたものの…
勘違い王子と脳内お花畑のヒロインは呆れるくらい残念!
このままでは私の婚約破棄の前にヒロインが自爆しちゃう!
お、お願いだから、私の足を引っ張らないで!!
暴走悪役令嬢の勘違い王子粉砕ラブ(?)コメディ、第2巻!


悪役令嬢の怠惰な溜め息2

悪役令嬢の怠惰な溜め息2


【感想】
6歳の時、自分が乙女ゲームの悪役令嬢に転生したことに気付いたヒロイン。
以来、様々な娯楽を世に広め、更に破滅回避と王太子との婚約破棄を目論む中、いよいよゲームヒロインが学園に入学してきて……。

1巻に引き続き、ご令嬢の全然怠惰じゃないとてもとても忙しい日々のお話だった。
王太子&ゲームヒロインのお花畑カップルが動けば動くほど、彼らに対する周囲の評判は下がるわヒロインの仕事は増えるわ……。
もう君たち、資料室で大人しくイチャイチャしてろよ。
彼らの思い付きと丸投げで迷惑を被る教授陣が大変そうだった……こんな生徒嫌だ…。

策略と徒労感溢れる日々の中で、アーロン殿下とマリーリカの爽やかさが癒しだったわ。
このカップルが1番好き~。
マリーリカ可愛い~。

出来れば3巻では、巻頭に人物紹介表があると嬉しいな。
本名と偽名両方で……。(←覚えきれない私)